私のミニストリーを救った会話

私のミニストリーを救った会話

私は落胆し、打ちのめされていました。福音を中心とした教会を立ち上げるため、ペンシルベニア州、スクラントン市へ引っ越したのですが、これほどまでにここが、霊的に石のように冷たく固い場所だとは思いも及びませんでした。社会的低迷がこの地域を包み込んでいました。かつては北東部炭鉱地帯の中心地として栄えたものの、そのような繁栄の時代はとうに過ぎ去っていました。アメリカンドリームは1950年代にスクラントンで朽ち果てたと言えるほどでした。このさびれた山あいの町に住む人々は失望感に満ちていました。学校、政治家、企業、そして教会さえも、彼らを見捨てたように思われました。

無条件の愛の子育て

無条件の愛の子育て

子どもたちが大きくなるにつれて、わが子と健康的な親子関係を持ち続けるためにどうアプローチしていくかを考える時、親が柔軟性と適応性を身につける必要があることを思わされます。子どもたちは成長過程において、時に適切ではない決断をしてしまうものです。それは、私たち誰にでもある ことであり、熟していく過 程で当然起こり得ることです。 神さまが私たちに語りかけてくださるように、私たちも親として、子どもたちの人生に語りかけていきましょう。

ある母親の偶像

ある母親の偶像

タイトルや題名というものは、読者の気を引くように作られています。しかし、この題名には、気を引かれただけではなく、一体何のことだろうと思ったのではないでしょうか。母親が自分の子どもを偶像化してしまうことは、あり得ると思いますか?ではそれをどのように避けることができるでしょうか?

先を見ていこう

先を見ていこう

人生には、自分が物語の中に生きているのではないだろうかと思う時があります。物語の途中では、物語の構成や登場人物の動機、物語の結末が、まだよくわかっていない状態です。そして、最後の章にきて、やっと、物語の中の様々なことは、そういうことだったのか、と思うのです。神さまは私たちに、物語の最終章を読んでごらんと、言っています。それは、最後にどうなるかを私たちが知ることができるためです。